ヴェルニゲローデ城

魔女伝説が残るハルッ山地に北ドイツ一番といわれる「ヴェルニゲローデ城」第2のノイシュバンシュタイン城いわれるほど美しい名城。数ある部屋のなかでも華麗を極めるのが「祝宴の間」。豪華な壁紙や巨大な絵画、重厚な木の彫刻で埋められた壁に、天井からはまばゆいばかりのシャンデリア……優美かつ壮麗な空間に、誰もがうっとりとせずにはいられません。

城内には50ほどの部屋があり、ルネッサンス時代から19世紀までの家具や工芸品、絵画といったかつての貴族の暮らしぶりをしのぶ豪華な品々を目にすることができます。
c0315130_10111049.jpg
街から見上げるお城。
c0315130_10110441.jpg
c0315130_10105836.jpg
c0315130_10105271.jpg
c0315130_10104821.jpg
c0315130_10104488.jpg
c0315130_10104064.jpg
c0315130_10103694.jpg
c0315130_10103138.jpg
c0315130_10102636.jpg
c0315130_10102283.jpg
c0315130_10101695.jpg
c0315130_10101041.jpg
祝宴の間
c0315130_10100433.jpg
c0315130_10095531.jpg
c0315130_10094828.jpg
c0315130_10094232.jpg
ステンドガラス。城内教会
c0315130_10092981.jpg
c0315130_10090440.jpg
c0315130_10085424.jpg
c0315130_10084640.jpg
c0315130_10083809.jpg
c0315130_10083264.jpg
c0315130_10082708.jpg
c0315130_10082229.jpg
c0315130_10081652.jpg
城内テラスからの展望。
c0315130_10081065.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-18 10:19 | Comments(0)
<< 「夜の街」ヴェルニゲローデ 紫陽花咲く高幡不動 >>