人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ところざわユリ園

梅雨明けまじかの好天の日にユリ園に。早咲きのユリ終わり遅咲きのユリとの合間に行ってしまいました。花のアップ中心に撮影。
c0315130_19121464.jpg
c0315130_19120904.jpg
c0315130_19120436.jpg
c0315130_19115591.jpg
c0315130_19114964.jpg
c0315130_19113857.jpg
c0315130_19113418.jpg
c0315130_19113077.jpg
c0315130_19112567.jpg
c0315130_19112230.jpg
c0315130_19111838.jpg
c0315130_19111426.jpg
c0315130_19111001.jpg
c0315130_19110630.jpg
c0315130_19110289.jpg
c0315130_19105732.jpg
c0315130_19105274.jpg
c0315130_19104678.jpg
c0315130_19104043.jpg
c0315130_19103225.jpg
c0315130_19102617.jpg
c0315130_19102112.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-29 19:18 | Comments(1)

世界遺産の街クブェトリンブル

ドイツ・ハルツ地方を流れるボーデ川のほとりにあるクヴェトリンブルクは、美しい木組みの家並みが残る世界遺産の街です。ドイツの初代の王ハインリヒ1世の重要拠点のとして栄えた。戦災をほとんど受けなかったクヴェトリブルクの旧市街は、ロマネスク様式の美しい木組みの家々、ドイツには美しい木組みの家並みが見られる町は沢山ありますが、1000年の歴史を誇るクヴェトリンブルクは、トップに入る美しい街並み。1994年、世界文化遺産に登録されました。
c0315130_14270968.jpg
c0315130_14270359.jpg
c0315130_14265826.jpg
市庁舎内のステンドグラス。
c0315130_14265240.jpg
マルクト広場
c0315130_14264137.jpg
c0315130_14263436.jpg
マルクト広場。右側の建物宿泊したホテルです。
c0315130_14262436.jpg
この町を作った人の石像みたい?
c0315130_14261561.jpg
c0315130_14260697.jpg
c0315130_14255849.jpg
街の小学校。子供たちの歓声聞こえてきます。
c0315130_14255134.jpg
c0315130_14254325.jpg
c0315130_14253621.jpg
ビャーレストラン看板に誘われて。
c0315130_14253016.jpg
美味しいビールいただきました。
c0315130_14250756.jpg
この坂を上るとハインリヒ1世が919年に居城として築いた城跡につきます。今は世界遺産に登録された聖セルヴァティウス教会。
c0315130_14245175.jpg
c0315130_14244237.jpg
c0315130_14243587.jpg
世界遺産の教会に向っています。
c0315130_14242773.jpg
c0315130_14241834.jpg
木組みの家、表面は綺麗に手入れされていますが、裏手はご覧のとおり。
c0315130_14240409.jpg
c0315130_14223736.jpg
c0315130_14222943.jpg
c0315130_14222297.jpg
c0315130_14221489.jpg
c0315130_14220654.jpg
c0315130_14214315.jpg
c0315130_14213763.jpg
c0315130_14212979.jpg
c0315130_14211930.jpg
c0315130_14211257.jpg
c0315130_14210636.jpg
c0315130_14205789.jpg
c0315130_14205022.jpg
c0315130_14204578.jpg
c0315130_14203642.jpg
c0315130_14201443.jpg
c0315130_14200766.jpg
c0315130_14200092.jpg
c0315130_14195588.jpg
c0315130_14195050.jpg
c0315130_14194574.jpg
街の外を流れるボーデ川。
c0315130_14194094.jpg
クブェトリンブル駅。電車に乗って次の移動先に。
by 6161mo45 | 2018-06-27 14:52 | Comments(1)

鴨ファミリー

ドイツの旅。ビーレフェルト市公園。数種類の鴨が子育てに励んでいました。
c0315130_10063418.jpg
c0315130_10062764.jpg
c0315130_10061133.jpg
c0315130_10054081.jpg
c0315130_10052604.jpg
アオサギ
c0315130_10052159.jpg
タイツリソウ
c0315130_10051499.jpg
シャクナゲ咲く散歩道。
c0315130_10050837.jpg
c0315130_10045850.jpg
c0315130_10044898.jpg
c0315130_10044468.jpg
c0315130_10043996.jpg
c0315130_10043418.jpg
c0315130_10042810.jpg
c0315130_10042363.jpg
c0315130_10041753.jpg
c0315130_10040810.jpg
c0315130_10040118.jpg
c0315130_10035578.jpg
c0315130_10034876.jpg
c0315130_10034422.jpg
ヤマボウシ
c0315130_10033855.jpg
c0315130_10033209.jpg
シャクナゲ
c0315130_10032560.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-24 10:14 | Comments(1)

デュッセルドルフ

デュッセルドルフ発ウィーン行国際寝台列車(デラックス個室)発車時間までの間。デュッセルドルフ市内観光。
c0315130_19243731.jpg
世界で一番の優雅な並木道
デュッセルドルフ一番の観光名所。巾31メートルの運河沿いマロニエ並木道、両側には有名ブランドショップ、レストラが軒を連ねています。
c0315130_19242939.jpg
c0315130_19242270.jpg
c0315130_19241314.jpg
雨上がりの街を散策。
c0315130_19240723.jpg
c0315130_19240157.jpg
c0315130_19235513.jpg
c0315130_19234788.jpg
c0315130_19234131.jpg
c0315130_19233557.jpg
c0315130_19232969.jpg
c0315130_19232304.jpg
c0315130_19231743.jpg
日本人街。
c0315130_19231054.jpg
c0315130_19230290.jpg
c0315130_19225597.jpg
デュッセルドルフの老舗ラーメン店。
c0315130_19224714.jpg
味は並み。値段は一流の塩ラーメン。
c0315130_19224092.jpg
c0315130_19223147.jpg
c0315130_19222548.jpg
ライン川。
c0315130_19221766.jpg
屋台が軒を連ねています。どこも満員。
c0315130_19221022.jpg
c0315130_19220369.jpg
c0315130_19215620.jpg
c0315130_19215055.jpg
c0315130_19214332.jpg
c0315130_19213698.jpg
ライン川の黄昏時。
by 6161mo45 | 2018-06-21 19:45 | Comments(0)

「夜の街」ヴェルニゲローデ

木組みの家の街ヴェルニゲローデ。夜景撮影、旅先で三脚なしの手持ち高感度撮影、手ブレ、ノイズ有りますのでご勘弁を。
c0315130_10555260.jpg
北ドイツでも代表てきな木組みの建物。市役所
c0315130_10554872.jpg
残照、ドイツの日没は遅いPM9.30分ごろ。ホテルの部屋より
c0315130_10554309.jpg
c0315130_10553968.jpg
c0315130_10553573.jpg
c0315130_10553208.jpg
c0315130_10552833.jpg
c0315130_10552411.jpg
c0315130_10552158.jpg
c0315130_10551710.jpg
c0315130_10551318.jpg
c0315130_10550746.jpg
c0315130_10550436.jpg
c0315130_10550010.jpg
c0315130_10544549.jpg
c0315130_10544205.jpg
c0315130_10543788.jpg
c0315130_10543066.jpg
c0315130_10542694.jpg
c0315130_10533245.jpg
c0315130_10532968.jpg
c0315130_10532506.jpg
c0315130_10532050.jpg
c0315130_10531780.jpg
c0315130_10531224.jpg
c0315130_10530840.jpg
c0315130_10530361.jpg
ライトアップされたヴェルニゲローデ城。ホテルの部屋より。
c0315130_10525888.jpg
朝焼けに浮ぶ教会。
c0315130_10525305.jpg
日の出、ホテルの部屋より。

by 6161mo45 | 2018-06-19 11:11 | Comments(1)

ヴェルニゲローデ城

魔女伝説が残るハルッ山地に北ドイツ一番といわれる「ヴェルニゲローデ城」第2のノイシュバンシュタイン城いわれるほど美しい名城。数ある部屋のなかでも華麗を極めるのが「祝宴の間」。豪華な壁紙や巨大な絵画、重厚な木の彫刻で埋められた壁に、天井からはまばゆいばかりのシャンデリア……優美かつ壮麗な空間に、誰もがうっとりとせずにはいられません。

城内には50ほどの部屋があり、ルネッサンス時代から19世紀までの家具や工芸品、絵画といったかつての貴族の暮らしぶりをしのぶ豪華な品々を目にすることができます。
c0315130_10111049.jpg
街から見上げるお城。
c0315130_10110441.jpg
c0315130_10105836.jpg
c0315130_10105271.jpg
c0315130_10104821.jpg
c0315130_10104488.jpg
c0315130_10104064.jpg
c0315130_10103694.jpg
c0315130_10103138.jpg
c0315130_10102636.jpg
c0315130_10102283.jpg
c0315130_10101695.jpg
c0315130_10101041.jpg
祝宴の間
c0315130_10100433.jpg
c0315130_10095531.jpg
c0315130_10094828.jpg
c0315130_10094232.jpg
ステンドガラス。城内教会
c0315130_10092981.jpg
c0315130_10090440.jpg
c0315130_10085424.jpg
c0315130_10084640.jpg
c0315130_10083809.jpg
c0315130_10083264.jpg
c0315130_10082708.jpg
c0315130_10082229.jpg
c0315130_10081652.jpg
城内テラスからの展望。
c0315130_10081065.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-18 10:19 | Comments(0)

紫陽花咲く高幡不動

ドイツ。ウィーン3週間の旅の酷い時差ボケのリハビリかねて紫陽花咲く高幡不動行ってきました。
c0315130_14153829.jpg
c0315130_14153321.jpg
c0315130_14152654.jpg
c0315130_14152184.jpg
c0315130_14151473.jpg
c0315130_14122490.jpg
c0315130_14121969.jpg
c0315130_14121482.jpg
c0315130_14120763.jpg
c0315130_14115926.jpg
c0315130_14110493.jpg
c0315130_14105950.jpg
c0315130_14105596.jpg
c0315130_14105002.jpg
c0315130_14104526.jpg
c0315130_14104087.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-17 14:20 | Comments(0)

オトギノ国「ヴェルニゲローデ」

北ドイツハルツ山地、木組みの家並み続くおとぎの国「ヴェルニゲローデ」
c0315130_16443593.jpg
マルクト広場と市庁舎
c0315130_16444099.jpg
街並みと山上にはヴェルニゲローデ城。
c0315130_16442487.jpg
木組みの家。
c0315130_16442935.jpg
市内観光馬車
c0315130_16441639.jpg
ひっそりと落ち着いた雰囲気の漂うヒンター通りに「町一番の古い家」。1400年頃の建築。

c0315130_16441283.jpg
間口3メートル、居住空間10平方メートルという「町で一番小さな家」。

c0315130_16440750.jpg
かって水車小屋として建てられ、水路の水によって地盤が崩れ大きく「傾いた家」

c0315130_16440215.jpg
市内観光の乗り物。
c0315130_16435799.jpg
c0315130_16435262.jpg
c0315130_16434644.jpg
木組みの家続く街並み。
c0315130_16434151.jpg
マルクト広場の音楽家。
c0315130_16433461.jpg
愛犬と昼寝する人形使い。
c0315130_16432971.jpg
宿泊したホテル。
c0315130_16432450.jpg
ホテルの部屋より。
c0315130_16431694.jpg
ホテルの部屋よりヴェルニゲローデ城。
c0315130_16430991.jpg
街並み。
c0315130_16430487.jpg
c0315130_16425924.jpg
c0315130_16425425.jpg
c0315130_16424932.jpg
c0315130_16424463.jpg
c0315130_16423790.jpg
c0315130_16423147.jpg
若い主婦姿ににビックリ。
c0315130_16422391.jpg
c0315130_16415802.jpg
c0315130_16412799.jpg
c0315130_16410221.jpg
c0315130_16404274.jpg
c0315130_16401270.jpg
c0315130_16394810.jpg
c0315130_16392788.jpg
c0315130_16391270.jpg
c0315130_16385730.jpg
c0315130_16382972.jpg
ドイツでも代表てきな木組みの家。1543年火災後再建された市役所。
c0315130_16380485.jpg

by 6161mo45 | 2018-06-16 19:51 | Comments(0)

SLでブロッケン山

ドイツ国内ウィーン気ままな旅してきました。撮影枚数5000枚現像仕上がり次第アップします。
北ドイツハルツ山、地魔女伝説のブロッケン山蒸気機関車の登りました。
c0315130_14321079.jpg
ハルツ狭軌鉄道の案内板ドイツ語です?。
c0315130_14315504.jpg
蒸気機関車入線してきました。
c0315130_14314285.jpg
二人で連結作業
c0315130_14313258.jpg
c0315130_14310652.jpg
誇り高き鉄道マン。
c0315130_14320470.jpg
東ドイツ時代製造された機関車
c0315130_14310024.jpg
石炭置き場見ながら出発。
c0315130_14305584.jpg
魔女伝説の森走り抜けて。
c0315130_14164912.jpg
c0315130_14164209.jpg
c0315130_14163484.jpg
c0315130_14162903.jpg
シーケル駅この先は急こう配の山道。元気いっぱいの女性鉄道員迫力満点。機関車は第二次世界大戦製造。
c0315130_14162219.jpg
c0315130_14161372.jpg
山腹を巻いて進みます。
c0315130_14160716.jpg
山頂駅
c0315130_14160208.jpg
c0315130_14155486.jpg
北ドイツ一番高いブロッケン山頂。東ドイツ時代はレダー基地で立ち入り禁止でした。今監視所の建物はホテルに。
c0315130_14155017.jpg
山頂の賑わいハイカー。マウンテンバイク。SLに乗ってくる人で賑っています。
c0315130_14154532.jpg
ブロッケン山にお別れ。
c0315130_14153886.jpg
スイッチバックで登りの列車と交換。
c0315130_14153256.jpg
終着のヴェルニゲローデ駅までは下りだけ。
c0315130_14152681.jpg
c0315130_14152088.jpg
c0315130_14243551.jpg
トンネル抜けワープ。
by 6161mo45 | 2018-06-09 15:10 | Comments(1)